ゼロからの Aras Innovator 番外編 ~Aras 12 SP5 から SP7 の機能強化ポイントのご紹介~



みなさま、こんにちは!
アラスジャパン トレーナーの時田です。

コロナウィルスの影響で大変な目に遭われた方もいらっしゃることと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
これから少しすこしずつ通常の生活に戻っていけることを願うばかりです・・・。



さて、現在6週間ごとに新しい SP(サービスパック)をリリースしている Aras Innovator ですが、今年の2月~5月にかけて、SP5SP6SP7 が公開されています。


今回は、こちらの3つのSPの機能強化ポイントをピックアップしてご紹介していきます。






◆SP5の機能強化ポイント◆


まず、SP5で機能強化された主なポイントからご紹介していきます。



【1】画面分割ができるようになりました!

Aras Innovator では、SP5より待望の画面分割ができるようになりました。







このように、画面を2つの領域に分割して、任意のタブを自由に並べて操作することができます。


また、タブ上で右クリックして、「タブのドック」または「タブのアンドック」を選択することで、左右の入れ替えも簡単に行えます。





なお、再度「分割スクリーン」ボタンを押すことで、画面分割モードが終了します。



【2】リレーションシップアイテムのアクセス権も、レポート表示できるようになりました!

SP3の機能強化ポイントとしてご紹介した アクセスレポート において、これまではソースアイテム(親アイテム)の画面上でのみ表示可能でしたが、リレーションシップグリッドからも表示できるようになりました。





 

これにより、リレーションシップアイテムのアクセス権も、画面上から簡単に確認することができます。

 

なお、アクセスレポートの中身は以下の通りです(このレポートはシステム管理者のみ閲覧可能)。



【3】Technical Documentationにおいて、任意のプロパティの情報を埋め込めるようになりました!

Technical Documentationでは、任意のプロパティの情報を技術文書の中に埋め込むことができるようになり、より柔軟かつ容易な文書作成が可能になりました。

 

 

なお、この機能は、今後「Requirements Engineering」等でも、利用できるようになる予定です。





◆SP6の機能強化ポイント◆


つづいて、SP6で機能強化された主なポイントをご紹介します。



【1】MACポリシーにおいて、親アイテムの情報を利用したアクセス制御ができるようになりました!

SP6より、「ユーザアイテム」と「ビジネスアイテム(アクセス権の制御対象アイテム)」のプロパティだけでなく、「そのビジネスアイテムの親アイテム」のプロパティを利用して条件を組むことができるようになりました。

 

 

例えば、上記の例では・・・

 

 

 

なお、この親アイテムを辿るための設定は、クエリ定義を利用して行います。

MACポリシーのさらなる詳細については、ドキュメント 「 Aras Innovator 12.0 - MAC Policies.pdf 」 をご参照ください。



【2】画面分割の幅を自由に変更できるようになりました!

先ほどSP5の機能強化ポイントとしてご紹介した「画面分割」に関して、SP6からは、左右の領域の幅を自由に変更できるようになりました。

 





◆SP7の機能強化ポイント◆


最後に、SP7で機能強化された主なポイントをご紹介します。



【1】クイックサーチの導入により、検索がさらに便利&容易になりました!

新たに追加された「クイックサーチ」機能を利用することで、既知のアイテムを簡単に検索できるようになりました。

 

 

これにより、「検索グリッド」を使わずに(開かずに)検索できるようになり、より迅速に簡単にアイテムの画面へたどり着けるようになっています。



【2】検索グリッドのコンテキストメニューが階層化されました!

メイン検索グリッド上で右クリックすると表示される「コンテキストメニュー」が階層化され、より操作しやすくなりました。

 



【3】リレーションシップグリッドのカラムも固定できるようになりました!

これまでカラムを固定できるのはメインの検索グリッドのみでしたが、SP7からはリレーションシップグリッドでも固定可能になりました。

 

これにより、横スクロールする際に、任意のカラムをスクロールさせずに固定表示させることができるようになっています。

 

 

今回は、SP57の機能強化ポイントをピックアップしてご紹介させていただきましたが、さらなる詳細は リリースノート をご参照ください。


また、今月末にはSP8がリリースされる予定です。毎回、多くの機能強化や改善がなされていますので、ぜひバージョン12のご利用を検討いただければ幸いです

なお、弊社で毎月開催中の トレーニング でも、すべてのコースにおいてAras Innovator 12を利用しておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。
6月および7月は、オンラインでの開催となります(Skype for Businessを利用)。

それではまた次回、こちらでお会いしましょう♪

アラスジャパン トレーナー 時田 和佳奈

 

Anonymous