DXが進む企業、遅れる企業の違いとは? 日経XTECH Special インタビュー掲載

【DXが進む企業、遅れる企業の違いとは?】 日経XTECH Specialにアラスジャパン社長、久次のインタビューが掲載されました。

「効率化を脱却し、新しい価値の創出へ―製造業の変革を支える独自のデータモデル」

ぜひご覧ください。

 

<記事詳細>

強調するまでもなく、データはデジタルトランスフォーメーションの要である。製造業はデータ活用を積極的に進めてきた業界の1つではあるが、主に生産の効率化などが目的だった。しかし、これからは製品あるいはサービスの付加価値向上に、どのようにデータを役立てるかという視点が必要。そのためには生産工程のみならず、開発・設計から出荷後のメンテナンスサービスに至るまでのデータを統合し、自在に活用できる環境が不可欠となる。・・・・・・

続きを読む

Anonymous