ゼロからの Aras Innovator ~Aras 12 SP12 から SP15 の機能強化ポイントのご紹介~

  

みなさま、こんにちは!アラスジャパン トレーナーの時田です。

今回は、Aras Innovator 12.0 SP12 から 最新SP15 までの機能強化ポイント をご紹介していきます。
※「13」という数字を忌避しているため、SP13はリリースしていません。今回の対象は SP12・SP14・SP15 の3つです。

 

過去のリリース記事はこちらからご覧ください。

  

 


  

 

◆ SP12 の機能強化ポイント◆

 

まず、SP12 で機能強化された主なポイントからご紹介していきます。

 

【1】 シンプルサーチにおける日付検索機能が強化されました!

シンプルサーチで、日付(Date型プロパティ)に対して以下のような様々な演算子や条件を指定して検索できるようになりました。

  • 「>」、「<」、「=<」、「<=」
  • 「…」
  • 「|」

 

 

 

 

【2】 3Dビューアのズーム機能が強化されました!

3Dビューアのズーム機能が強化され、画面中央を基点にしてズームしたり、カーソルを置いた位置を基点にズームしたり、選択した箇所をズームしたりすることができるようになりました。

 

 

 

 

【3】 CMFドキュメントに複数アイテムを一括でバインドできるようになりました!

DFMEAやPFMEAで使われているCMFドキュメントにアイテムを追加する際に、複数アイテムをまとめてバインド(関連付け)することができるようになりました。

 

 

 

 

 

【4】 CADコンバータとダイナミックビューを簡単にインストールできるようになりました!

SP12より、Aras Updateを利用して、CADコンバータダイナミックビューアを簡単にインストールできるようになりました。

  

  

  

  

◆ SP14 の機能強化ポイント◆

 

つづいて、SP14 で機能強化された主なポイントをご紹介します。

  

【1】 日付選択ダイアログの操作性が向上しました!

日付データの入力や検索を行う際に、「年」や「月」が切り替えやすくなったことで日付や時刻の選択が容易になり、検索時にはこれまで手入力していた演算子の選択が行えるようになるなど、操作性が大きく向上しました。

 

 

 

 

 

【2】 TDFにおけるデータ編集の操作性が向上しました!

Technical Document Framework(TDF)において、文字列の一括または個別の置換ができるようになったり、Enter」キーを押した際の操作性が向上したことで、データ編集がよりしやすくなりました。

 

 

 

 

 

【3】 エンタープライズサーチの単独インストール/アップグレードができるようになりました!

SP14より、エンタープライズサーチ単独で(Aras Innovatorと分けて)インストールやアップグレードができるようになりました。

 

※エンタープライズサーチのアップグレードをご希望のお客様は、弊社サポートまでお問い合わせください。

  

  

  

  

◆ SP15 の機能強化ポイント◆

 

最後に、SP15 の機能強化ポイントをご紹介します。

  

【1】 SolidWorks 2021がサポートされるようになりました!

3DCADの変換・表示において、新しいCADバージョンSolidWorks 2021」がサポートされるようになりました。

 

   

以上、今回のブログはSP12SP15までの機能強化ポイントをピックアップしてご紹介させていただきました。
さらなる詳細は リリースノート をご参照ください。

 

それではまた次回、こちらでお会いしましょう♪ 

アラスジャパン トレーナー 時田 和佳奈