2021年の予測

※ こちらは、英語ブログ記事「2021 Predictions」を翻訳したものです。

当然のことながら、COVID-19 のパンデミックはマークされていなかったため、2020年の予測のほとんどは外れてしまいました。一方で、CIO 多くは野心的すぎて、デジタルトランスフォーメーションの取り組みに集中できず、望ましい目標を達成できないだろうという予測は当たりました。将来を正確に予測することは困難なため、代わりに、すべての変革の主な焦点にビジネスの回復力を含めるべきと提案しましたが、この結果は不明です。そうは言っても、2021年に何が待ち受けているかを予測してみましょう。

リモートワーク

2021年には、異なる経済への困難な回復を開始するでしょう。コロナ禍のニューノーマルに適応するにつれ、私たちの行動の変化のいくつかは、ニューエコノミーでも存続します。ある程度は、自宅で仕事を続け、その有効性がわかってきたために移動が少なくなります。航空業界、医療機関、小売店舗、商業用不動産など、ソーシャルディスタンスの影響を受けた業界は、回復するのにはかなり長い時間が必要です。最大の変化は、デジタルサービスの採用の増加であり、これは拡大し続けるでしょう。アフターコロナで事業に大きなマイナスコストがかかると、競争力に悪影響を及ぼします。レガシーシステムに多額の技術的負債があり、オンプレミスのデータセンターに大きく依存している大規模な製造業は、復元力と俊敏性を重視してクラウドを活用している、より機敏な競合他社と比較すると不利な状況に陥ってしまいます。

デジタルトランスフォーメーションにさらにフォーカス

2020年が始まったとき、CIO は AI、機械学習(ML)、仮想現実(AR)等の多くの新しいテクノロジーを活用する計画を立て、デジタル企業への変革に大きな期待を寄せていました。あるところまでは、すべての企業はソフトウェアを導入してよりデジタル化し、理論的には競合力を高めることに注力していました。そこへパンデミックが襲いかかり、すべての計画が狂ってしまいました – つまり、従業員の安全を最優先に、コストを削減して、リモートワークのまま、ビジネスを健全に保つために必要なことに注力し直すよう、強制的に変革せざるを得なくなったのです。今は資金とリソースが限られているため、デジタルトランスフォーメーションへの投資は少なくなっていますが、多くの企業が、限られたリソースでも意外にも多くのことを実現できると気付くと思われます。

すべての部門にコストを削減させ、何もせずに嵐が過ぎ去るのを待つことはできません。この消極的なアプローチは大不況でも機能せず、今回も機能するわけがありません。先進的な企業は、インフラを劇的に簡素化して、変革の取り組みに注力するという難しい選択をすることになります。

変革に決して終わりはありませんが、効果的な変革は、変更すべきことにフォーカスし、達成可能な結果をより明確に定義し、価値実現までの時間短縮と ROI 向上を実現する段階的なアプローチを採用しています。

これを、製品エコシステムとデジタルスレッドに結び付ければ、さらに勢いづき、より協調的な組織をもたらす可能性があります。

デジタルスレッドの出現

2021年に向けて、多くの企業はビジネスニーズに合わせて適応できる、持続可能な、収益に影響を与えるエンドツーエンドの生産性と効率性にフォーカスしたデジタルスレッドの構築に集中すると思われます。

品質の向上、イノベーションの加速、そして製品ライフサイクル全体、および拡張したサプライチェーン、市場の顧客や資産に関するコラボレーションの強化を目指します。インダストリー 4.0 のテクノロジーに関するあらゆることに手をつけたり、レガシーシステムにより多くの資金を投入したりするのではなく、多くの企業は継続的なデジタルスレッドで製品エコシステムをエンドツーエンドで合理化することにフォーカスします。代わりに、現在のビジネスのスピードに対応できない、古くて高価なテクノロジーを廃止することになるでしょう。

クラウドプラットフォームの採用が増加

Gartner の調査によると、世界のパブリッククラウドの収益は、2021年には 18%強増加して 3,049億ドルになると予測されています。しかしながら、PLM 市場でのクラウドの採用は、他の分野に比べて比較的遅いペースで成長しています。CIMdata は世界のcPDm市場の10%未満がクラウドからのものであると推定しています

これには 3つの主な理由があるとされています。セキュリティリスクへの不安、拡張性、そして大規模で複雑なビジネスに必要なカスタマイズ性の限界です。

ここでマルチテナンシー クラウドの SaaS のセキュリティリスクについては議論するつもりはありません。ただし、Aras などの一部の PLM ベンダーはデータを決して混同したりせず、企業のデータ主権を保護しています。

ほとんどの SaaS クラウドサービスは、ユーザーに最新リリースをプッシュしますが、これには問題があります。重要なのは、カスタマイズが処理でき、ベンダー側の都合ではなくユーザーのスケジュールに従ってアップグレードできることを保証する柔軟性です。

最後に、クラウドに移行して初めてデータへのアクセス性やニーズに合わせた拡張性に問題があることを知ることは最悪の状況です。クラウドへの移行を検討している方は、データをどのように所有でき、管理できるかを事前に理解しておくことを強くお勧めします。

PLM のクラウド製品は非常に多様です。Aras を使用すると、クラウド上の PLM エコシステムの任意の部分の既存アプリケーションをカスタマイズしたり、新しいアプリケーションを開発したりできます。また、産業用ローコードプラットフォームに基づいているため、アップグレードを Aras が実施することが保証されています。以前 PLM 業界に一石を投じた Aras Innovator は、プラットフォームをクラウドに移して再び旋風を巻き起こします。産業用ローコードプラットフォームを採用する Aras Innovator のプラットフォームサービスは、持続可能なカスタマイズに制限のない、真に強力でグローバルなエンドツーエンドの PLM を可能にし、共通のプラットフォームサービス上でエンタープライズアプリケーションの開発も可能です。Aras Innovator の次世代プラットフォームにより、お客様は、柔軟性、効率性、革新性、コラボレーション性、真のレジリエンス(回復力)とアジリティ(機敏性)を実現できます。

2021年が進むにつれてこの業界でのクラウドの採用は増加し、2022年以降も増加し続けると思います。これにより、操作性が大幅に簡素化され、リソースの使用率が向上すると思います。

製造業の回復力の強化

製造業はかつて、最小のコストで製品を生産するために、主にプロセス改革を目標にしていました。この傾向は 1970年代に始まり、「グローバリゼーション」または製造業のオフショアとして知られています。それは利益の創出を目指しており、中国を含む世界中で多くの経済発展を生み出しました。労働規制や環境規制のない製造活動は、完成品の輸送コストを克服できるという考え方でした。

しかし、貿易戦争の激化と関税化、そして最終的にはパンデミックが組み合わさったことにより、重要な製造施設の一部をリショア(国内回帰)またはニアショア(近辺に戻す)したり、オートメーションやジャストインタイム等の製造手法の活用に舵を切る企業が出てきました。

このようなことが起きる可能性はありますが、パンデミックによって世界の縮小化が止まることはないため、製造拠点が米国やドイツなどの国に戻る大きな動きになるとは考えていません。大規模なグローバルメーカーは、単一の障害点の削減にフォーカスし、その代わりに製造業務やそれらをつなぐデジタルスレッドの柔軟性と回復力に投資すると思います。

スマートマニュファクチャリングとは、今後数十年にわたって 1つのものを正確に自動化することではなく、前の四半期には製造しなかったものを製造できるようにするためにどれだけ迅速に適応できるかということです。コロナ禍の中、製造業は製品を安全に製造する方法を考える必要がありました。将来的には、これが生産現場のリモート管理に発展していくことは明らかです。

PLM が DX の中核に

何年もの間、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアは製品開発の中核でしたが、製品のライフサイクル全体を通してではありませんでした。製品ライフサイクル管理は単にソフトウェア技術ではありません。ベンダーから購入することはできません。戦略的なビジネスアプローチなのです。企業は、製品のエコシステムのプロセス全体を、より柔軟に変換することにさらに注力します。これは、ライフサイクル、サプライチェーン、および顧客や資産とのコラボレーションを強化するデジタルスレッドです。

デジタルツイン

歴史的に、デジタルツインの採用に関する問題は、実際のデジタルツインが、正確な運用構成(as-maintained)データやパラメーター、ライフサイクル全体のデジタルスレッドを通じて得られる最新の構成済みのデジタルツインに結び付けて、有用な洞察を得られていなかったことでした。

以前は、「構成済み」のデジタルツインから切断された IoT データに焦点が当てられていました。昨年 Aras は、物理的な資産の構成済みデジタルツインを管理する Digital Twin Core と、PLM データをベースに製品をビジュアルに表示できるプラットフォームサービスである Dynamic Product Navigation をリリースしました。しかも、数多く存在する元の CAD の種類に依存しません。これにより、サービス技術者やその他の分野の技術者は、ライフサイクルのどこにおいても、ビジュアルなデジタルスレッドによって、理解できる観点から製品を表示し、他ドメインと文脈でコラボレーションできます。多くの企業が、実際のデジタルツインと運用中のデジタルツインに投資し始めています。

2021年のトンネルの終わりに光が見え始めると、新しい、それでいて不確実で異なる経済に向けて回復し始めます。ほとんどの企業の主な目標は、より大きな回復力を可能にするために投資を集中すべきです。つまり、舵を切る準備して、予期しない変化に対応し、巡ってきた機会を活用することです。